トップページ > 黄昏コラム > エレベーターのアイドル

エレベーターのアイドル

近頃ダイエットに成功した友人氏はうんざりしていた。女性たちの質問攻めにあうことに。
彼女は体調を崩したのをきっかけに、食欲が減退し「自分でもわかるくらいにみるみる痩せた」らしい。体調が回復してからもスリムな体型を維持しているのは意識の高さの賜物だろう。
しかし普段の彼女を見ている限りダイエット女性にありがちなストイックさは感じられない。元々食欲旺盛なタイプではないにしろ、食事や間食を拒否することもない。

彼女は確かに痩せた。そしてその事実は女性たちの話題をさらった。
シャツから出た細くて柔らかな二の腕は結果が報われないダイエッターにとって羨望の的だ。そう、女性たちは”ちょっと細め”に憧れ、”華奢”と言われる日を夢見ている。最早平均体重では満足できないかのように。

彼女たちは金を惜しまず、一回に数万円の投資を繰り返す。あらゆるダイエットサプリメントを口に放りこむ。美を追求するには金がかかるのだろうか。
残念なことにダイエットに関心がありながら、努力が報われない女性もいる。自室でエクササイズをし、食事制限をしても結果が現れるとも限らないらしい。

報われないダイエッター達に芽生えた仲間意識は根強い。互いの顔を見ればダイエットの話をし、飲むだけで痩せる噂の薬について語り合う。彼女たちは健康を手に入れるためではなく、なによりも体重を減らすことに重点を置いているように見える。

ダイエットに成功した友人氏は行く先々で話題になってしまう。ダイエットは女性達の共通の話題のひとつに過ぎないのかもしれない。
先日エレベーターで職場の同僚たちと乗り合わせた。エレベーターの中でも彼女は話題の中心だった。高層ビルのエレベーターが地上に到着するまでの間、ダイエットの話題は密室に充満していた。

成功者は質問攻めにあう。羨望と嫉妬が入り混じった目線が彼女に注がれる。二の腕をつままれ、ウエストあたりを凝視され、大いに困惑していた。
痩せるのは大変だ。それに痩せた後も結構めんどくさいらしい。


本日の1曲
Days And Days / Fantastic Plastic Machine

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “エレベーターのアイドル”


  1. No Comments

Leave a Reply