トップページ > 黄昏コラム > ラ・ジュルネのおいしいお皿

ラ・ジュルネのおいしいお皿



上:ベトナム肉のせご飯 1,050円
下:本日の鎌倉野菜のナムル丼 1,000円


鎌倉駅から10分ほど歩いたところにカフェレストラン、ラ・ジュルネがある。今、鎌倉在住の友人コスモ氏が個展を開催しているので、久し振りに鎌倉に行くことにした。もらったメールを頼りに商店街を進み、通りで合流してラ・ジュルネへ行く。

鮮やかな青のペンキ塗りの扉がかわいらしいお店。店内には自然の形そのままの木のテーブルが壁から2つ伸び、カラフルな藤のスツールが並んでいる。左手にはカウンターがあって、その先に厨房がある。カウンターと厨房は天井まで伸びた木製の棚で仕切られている。棚には調味料やワインボトルがぎっしり並び、カウンターは野菜や下ごしらえ中の食材で埋まっていた。

15人も入れば満席になりそうな店内は、厨房から全ての客に目が届きそうな広さ。奥のテーブルには若い女性客が一人。手前のテーブルの入り口に一番近い席に座った。しばらくして常連らしき青年がやってきた。

メニューには写真がないので、友人おすすめのベトナム肉のせごはんとナムル丼を注文。
しばらくして運ばれて来た大きな皿にはバジルなどのハーブと野菜が山盛り。友人氏が慣れた手つきでスプーンとフォークでざくざくと混ぜると中に牛肉とご飯が見える。(ここでようやくこれがサラダではなく、ベトナム肉のせご飯であることを理解)

近隣で採れた鎌倉野菜を使っているそうで、新鮮で種類が豊富。野菜にもオイルが馴染んで生の野菜もぱくぱくと食べられる。塩とオイルのシンプルな味付けがとても美味しい。

続いて運ばれて来たナムル丼にさらに頬が緩んでしまう。鮮やかな色と素敵な盛り付けにときめきすら感じる料理。それなのに、食べて欲しいものを盛り付けているうちになんかきれいに出来ちゃったワという感じが伝わってくる。

ラ・ジュルネは女性オーナーが一人で料理を作る店。友人も時々お店を手伝っているというので、オーナーの綾さんを紹介してもらった。今はロハスやマクロビオティックの特集で取材を受けることも多いようだけれど、もう14年もここで営業しているとのこと。美しい盛り付けと料理のレシピは全て独学、オリジナルで料理も詳細なレシピを記録せず、味付けは目分量というチャーミングさ。

ラ・ジュルネの料理は本当に美味しかった。たくさんの野菜を頬張りながら、その美味しさがなんなのかとさぐり、感嘆しながら食べていた。そして気がつくと皿は空になっていた。野菜たっぷりなので、胃が重くならず心地良く満腹になれる料理なのだ。

食べることは毎日のお楽しみ。せっかくカメラを持ち歩いていることだし、料理を美味しそうに撮ることができたらこの先も楽しめそうな気がする。だから撮りたいと思わせる素敵な料理に出会いたい。
この日も最初から写真を撮るつもりでいた。順光になる位置に座り、配膳の前にテーブルに置いた荷物を退けておく。すると想像以上に美しい料理があらわれて、ちょっと忘れられないほど美味しかった。二品で店を出たのが惜しいほどで、もっと他のメニューも見てみたいと思わせた。

綾さんの『いろんな作品でお店の雰囲気を変えたい』という意向で、ラ・ジュルネではアーティストの作品展示も積極的に受け入れている。この日も若い女性がフライヤーを持ってお店を訪れていた。作品展示をしたアーティストとそれを観に来た友人達も、ラ・ジュルネの美しくて美味しい料理に魅了されてしまうかもしれない。まるで私たちのように。


本日の1曲
Hey Mama / Black Eyed Peas
youtube

穏やかで気さくな綾さんも実はラテンのりらしい。


La Journée(ラ・ジュルネ)

神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-9-47 中丸ビル1F 【Google maps
TEL&FAX 0467-23-6731
11:00-21:00(週末は22:00頃迄)TELにてお問い合せ下さい。定休日は、<今月のお休み>をご覧下さい。

最寄り駅は、江ノ島電鉄線の由比ガ浜駅で徒歩約3分。和田塚駅からも4分程度。鎌倉駅からはゆっくり歩いて15分程です。

鎌倉観光の際には少し足を伸ばしてお立ち寄りください!
ブログではオーナー綾さんのおいしいまかない飯が見られます。
http://lajournee.exblog.jp/


shoko akiyama silk-screen exhibition
[ dreamin’ dreamin’ ] in japan

コスモ氏こと、秋山祥子の個展情報はこちら。
http://www.momocosmos.com/
鎌倉ラ・ジュルネ開催は2010年1月11日までです。

2009年の上海開催を皮切りに、国内各地を回ります。
念願の個展開催に本人も気合十分。お近くの方はぜひお越しください!


【 鎌倉 in Kanagawa|La journee (ラ・ジュルネ)】
2009.12/12 sat 〜 12/25 fri vol.1 / chiristmas version
2009.12/26 sat 〜 2010.1/11 mon vol.2 / new year version
[open]12:00〜23:00(L.O.22:00) [close] 不定休
神奈川県鎌倉市由比ガ浜3-9-47中丸ビル1F tel. 0467-23-6731
http://lajournee.exblog.jp/ ※定休日は、<今月のお休み>をご覧下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 広島 in Hiroshima|Plaisir (プレジール)】
2010.3/14 sun 〜 3/21 sun
[open]18:00〜翌3:00(LO/food2:00・drink2:30)[close]月曜日
広島県広島市中区袋町4-1産業ビル2F tel. 082-248-8866
http://www.syougeki.jp/syoukai/plaisir/index.shtml
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 菊川 in Shizuoka|菊川赤レンガ倉庫 】
2010.4/11 sun 〜 4/18 sun
[open]11:00〜19:00
静岡県菊川市堀之内2丁目201 tel.0537-35-2876
http://ikiiki2008.hamazo.tv/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 藤枝 in Shizuoka|アートカゲヤマ 】
2010.4/19 mon 〜 4/25 sun
[open]10:00〜19:00
静岡県藤枝市小石川町4-10-28 tel. 054-641-5850
http://blog.livedoor.jp/artkageyama/

続けて読みたいエントリーたち

4 Responses to “ラ・ジュルネのおいしいお皿”


  1. 1

    おいしいお料理は、人を豊かにするね。
    いくら食べても心地よいLa joureeのお料理は、格別だね。
    きっと、お店の雰囲気とあやさんの人柄がいい具合に
    調和されてて、きっとみんなのお気に入りの場所になるんだろう。
    私たちは、その一員だね!
    今年は忙しくも楽しくなりそうだ。

  2. 2taso

    >祥さん
    この料理! 忘れられないおいしさでした。
    余計な味がしない料理というか、シンプルな味付けが感動的だったな。
    料理以外にも鎌倉という土地とか、お店の雰囲気とか、あやさんの人柄とか、
    色々な要因があるんだと思う。

    東京にもこんなお店があったらいいなと思うけど、鎌倉にあるからいいのかも!?
    La journeeがあるなんて鎌倉の人は幸せものだね!
    また食べたいな!

  3. 3aya

    tasoさん こんなに美味しいコメントありがとうございますね。
    とっても嬉しいです。明日も頑張れるって!そんな気持ちになります。
    ところで明日からインド行ってきますよ~。待ってて下さいね!
     
    愛しのハクを読んで・・。
    tasoさんもハクもとっても幸せでだったんですね!そして今も・・。読みながら、こんなにも思えて、思われて、なんだか悲しいのにあったかい気持ちになっちゃった。(知らないのに勝手なこと言ってごめんね)

  4. 4taso

    >ayaさん
    なんと! コメントありがとうございます。
    今日インドに出発なんですね。
    美味しいものをたくさん食べて(作って)楽しんできてくださいね。

    ハクには毎日の出来事をいつも話していたので、
    ハクが生きていたらラ・ジュルネの料理のことを自慢していたでしょう。
    彼は鎌倉野菜を食べたことがなかったはずですから・・・!

    ayaさんが戻ってきたら、また鎌倉に行きます。
    インド帰りの新メニュー楽しみにしてます!

Leave a Reply