NIKON



NIKONがフィルム一眼レフカメラの生産を大幅に縮小するらしい。
ホームぺージの情報によると『デジタルカメラ事業に一層の経営資源を集中し・・・云々。』とある。要するに「F6」「FM10」のみ継続生産、他の幾多の機種は生産中止になるということだ。
フィルムの価格も来月から値上がりするというから他人事ではない。
うーむ。

自分が持っている一眼レフ2台はどちらもNIKON製。
浪人時代に立川通りのカメラ屋で衝動的に購入した「FM10」は安価でいて格好よく、当時4万円弱で購入した。

そして大学時代にバイトでためたお金で買った「F3」。中古カメラ店も物色してみたが結局新品で購入。レンズと合わせて確か20万ちょっとしたが、一生使えるパートナーであるから良いものを買いたかった。ボディの赤いラインはスタイリッシュで、しかもNIKON機には親しみがあったのでほとんど迷うことはなかったのだ。

その昔、F3はNASAに納入され、スペースシャトルに搭乗。宇宙空間で活躍したというエピソードは有名である。近年では椎名林檎のジャケット写真に使用されたことでも話題になった。(のは自分だけか)
要するに、自分の身の丈に合わない名機を購入したのだ。

しかし、こんなに早くこの日がくるとは思わなかった。
正統派一眼レフは新規顧客を獲得できないのだろうか。LOMOやピンホールカメラのブームは続いているのに。確かに本体価格もトイカメラとは桁が違うから気軽に買うわけにもいかないのだけど。

とは言ってみてもあまり悲観的にならずにすむのは、カメラ愛好家の人々の存在。彼等の間でフィルム一眼レフはこれからも使われ続け、一定の需要は保たれるはずだ。
普遍的な製品は大金をはたいても後悔がない。


本日の1曲
Race For The Prize / The Flaming Lips

続けて読みたいエントリーたち

1 Response to “NIKON”


  1. […] / サニーデイ・サービス >>関連エントリー >> 2006/01/29 『NIKON』None […]

Leave a Reply