トップページ > 読書 > 坂口安吾『桜の森の満開の下』

坂口安吾『桜の森の満開の下』

どうして桜は人々を魅了するのだろう?
その疑問を呟いた時、友人氏は『桜の木の下には死体が埋まってるからだよ』と言った。だからこんなにも華やかなのだと。それ以来、桜の季節になると決まってその文句を思い出すようになった。

近頃は桜の花の下といえば人間がより集まって酒をのんで喧嘩していますから陽気でにぎやかだと思いこんでいますが、桜の花の下から人間を取り去ると怖ろしい景色になりますので、能にも、さる母親が愛児を人さらいにさらわれて子供を探して発狂して桜の花の満開の林の下へ来かかり見渡す花びらの陰に子供の幻を描いて狂い死して花びらに埋まってしまうという話もあり、桜の林の花の下に人の姿がなければ怖しいばかりです。
ー坂口安吾『桜の森の満開の下』

桜の季節になると峠を越える旅人は決まって『気が変』になった。その妖艶な様は昔の人々に恐れられていたという。
物語に登場する山賊は、街道へ出ては都から来た人の命を絶ち、窃盗を繰り返している『むごたらしい』男である。ある日男はいつものように街道で女をさらい、それを8人目の女房にした。

女は今までのどの女房よりも美しかった。女は山の生活を嘆き、しきりに都の生活を恋しがった。山賊は都の景色を見たことがない。この山が彼の全てであった。
女はまた山賊以上に残虐な心を持っていた。共に暮らす代償に山賊に首刈りを迫ったが、彼にとって他人の首を切ることなど『大根を斬るのと同じようなもの』であった。山賊は夢中になって女の欲しがるものを手に入れた。

その存在の出現は山賊に人間的な感情を与えた。それは人間同士の営みの産物であったが、彼の手には負えないものばかりであった。毎晩のように首を欲しがる女に山賊は毎晩のように首を捧げた。退廃した生活の先には暗黒が広がるのみで、何の希望もない。その『明暗の無限のくりかえし』を考えると頭が痛んだ。
桜が題材でありながら、その文章は醜さや裏切りに満ちている。人間の感情の推移を描いた傑作であると思う。

新宿へ向かう中央線の車内から、線路近くの駐輪場の桜が見える。今年は桜をゆっくり眺めてすらいない。桜の見頃は過ぎたと思っていたが、そのモコモコとした花は、今まさに満開であった。
この時期には望まれない強風や雨で歩道に散った花びらは、来週になれば人々に踏まれ縮こまってしまうだろう。
限られた瞬間のこぼれるような生命力と淡い色彩の佇まいに我々は心を奪われてしまう。


本日の1曲
桜のダンス From シブヤROCKTRANSFORMED状態 / Number Girl



——————————-


桜の森の満開の下
桜の森の満開の下
講談社文芸文庫・坂口安吾著


インターネット図書館、
青空文庫でも読むことができます。→『桜の森の満開の下』ページへ

続けて読みたいエントリーたち

1 Response to “坂口安吾『桜の森の満開の下』”


  1. 1カルティエ ロードスター

    2017年人気貴族エルメス コピー安心専門店、
    一流ブランドショップ、シャネル コピー、
    付属品完備!送料は無料です(日本全国)!
    ご注文を期待しています!100%品質保証 
    満足保。※日本國送料無料、信用第一、

Leave a Reply