トップページ > 黄昏コラム > 指先は雄弁に語る

指先は雄弁に語る

高校生のいとこと初めて携帯メールのやりとりをした時、そこには矢印やら小文字のひらがなやらが氾濫していた。彼女の言わんとしていることは何となく理解できる(もっともたいした用件ではなかった)のだが、それは初めて自分の携帯にギャル語メールが届いた衝撃的な日であった。

知人氏がホームページを開設したという。映画鑑賞の好きな彼は映画評を書いているらしい。
「この映画ゎ ヘゥ”ィ→でした」という表現は批評には不向きなのではないか。最早作品を冒涜しているとしか思えない。30になろうかというこの男の薄ら寒さをどう表現したらよいのだろう?

満員電車に乗っていると他人の携帯の液晶が見えてしまうことがある。その日も後頭部が鼻につく程接近した若いOL嬢がメールに勤しんでいた。彼女は器用な指さばきで本文を作成し、ひっきりなしに誰かとメールを交わしている。ギュウギュウの状況でよくぞメールなんかが出来るものだと感心してしまう。

文中に踊る大袈裟な顔文字や感嘆符を見る限りでは、彼女は何かに興奮しているようだ。どこに行っても売り切れだったバッグがキャンセル待ちで買えた、とか1口買ったNUMBERSが1万円になった、とか。そういう類いの興奮を連想させる。

しかしメールを作成している本人はしかめっ面で無表情。そこに興奮した雰囲気は皆無である。本文と本人のテンションのギャップはなんだろうか。こちらが戸惑っている間もOL嬢の指先は雄弁に語り続けている。

顔文字やギャル文字を駆使したメールは感覚的に視界をかすめるに過ぎない。人々は感情表現に躍起になっている。感情豊かなメッセージを送信する為にいくらデコレーションしてみても、中身を伴わないその言語には想像の余地が無い。

ある友人氏はほとんど感情の起伏が感じられないメールを送ってくる。彼女は顔文字も感嘆符も、句読点すら使わないことがある。
聞くと知人達によく「メールの文章が素っ気ない」と言われるそうだ。そんな無愛想なメールでも、相手の感情を読み取ることができるのは、長年の付き合いが成せる業である。


本日の1曲
Instant Music / The Pillows

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “指先は雄弁に語る”


  1. No Comments

Leave a Reply