トップページ > 黄昏コラム > 黒いあんちくしょう

黒いあんちくしょう

自宅近くの通りを歩いていたら、今年初めてあいつにでくわした。名称を記載するのもためらわれる程存在に脅えている為、ここでは仮名で呼ばせていただく。(神話の登場人物名称を拝借)

これまで何度もラボルト(仮)に遭遇してきた。毎晩のように部屋にやってくる訪問者を恐れて、バルサンを焚いて部屋を飛び出したはいいが、退治できちゃっていることを考えると部屋に戻れなくなり、用事のない大学に行きクラスメイトに助けを求めに行ったこともある。
不意にマルス(仮)が現れた晩は、ほとんど部屋着のまま明大前の友人宅に駆け込んだこともある。当時住んでいた小平から明大前まではほぼ1時間かかるが、ちょうど連絡のついた友人宅へ逃げ込んだのだろう。

部屋にアグリッパ(仮)が現れると、確実に無駄になる数時間。直前まで楽しい気分でいたことすら一瞬で過去の話になる。一度遭遇すると、その夏は恐怖の日々だ。
そこで「ゴキ包」という商品に飛びついてみた。これは始末する時にメジチ(仮)を直接見なくて済むという画期的アイテムで、噴射したムースが固まり、処分しやすくしてくれる。勿論CMで放送されていたように、そのムースですら素手で掴むことは到底無理なのだけど。

そしてある日不意にパジャント(仮)が現れた時、近くにあった「ゴキ包」を咄嗟に手に取り、壁に向かって大量噴射してしまった。この商品は絶命の後に使用する商品であり、殺傷能力はない。
モリエール(仮)がよろよろと壁を這った奇跡をチュルチュルとムースで追撃しているだけでは何の解決にもならないのだが、その時は必死だった。壁に吹き付けたムースはすぐに固まり、ボコボコと汚い痕はその後も剥がすことが出来ず、退室までその醜い痕跡と付き合うことになってしまった。

現在のマンションに越してきて3度目の夏がやってきた。1年目は何事も無く安堵した。しかし昨年の夏に下階のリフォーム工事が始まった時、嫌な予感がした。その数週間後、ついに高円寺の我が家にもラオコーン(仮)が現れてしまった。

雄叫びを上げながらのその後の騒動は今思い出しても壮絶で、思い出すだけでもグッタリ疲れてしまう。今夜は薬局で駆除グッズを購入する予定だが、スプレー缶にゲタ(仮)のイラストを施すのは是非やめていただきたい。はっきり言って恐くて握れない。

そういえば以前、新宿駅の駅ビルでエスカレーターに乗っているヘルメス(仮)を見た。エスカレーターの凸凹の凸の部分に器用に乗っかって移動していた。彼らは文明の利器すら利用して我々の前にやってくる。


本日の1曲
Blood Red Summer / Coheed & Cambria

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “黒いあんちくしょう”


  1. No Comments

Leave a Reply