トップページ > 黄昏コラム > タイガー炊きたて氏

タイガー炊きたて氏

うどんパスタそば。麺類ブームが突如到来し、毎晩のようにあらゆる麺を食べ続けていると炊飯器の存在すらわすれてしまう。一人暮らしの我が家では、同じものばかり食べていても誰も文句は言わない。エー、またこれなの?とも言われない。そのうち暫く続いた”麺期”がひと段落し”米期”が到来する。そろそろ白米を炊こうかと思い炊飯器を開ける。

真っ黒。

・・・なんで黒いのか。
一呼吸してから、再度炊飯器を覗き込む。

なんか動いていた。

見なかったことにする。
しかし放っておいたところで誰かが捨ててくれるわけでもない。

ありったけのビニール袋で炊飯器を封じ込め、視界に入らない場所に追いやった。『実は五穀米炊いてあったんじゃないのー?アハハ』という友人氏の茶化しもスルーする。
よりによって米期であるから米が食べたくて仕方が無い。洗剤で洗い、ハイターで除菌したところで脳裏に焼き付いた残像は拭い去れない。

すぐにIH炊飯器を購入した。どうせ買うならデキソウな奴がいい。初代を10年使ったことを考えると、当分の間は買い換える事もないだろう。
次はIHにしたいナーとなんとなく思っていたに過ぎないが、こんなに急かされて買うことになろうとは。
晴れて我が家にタイガー炊きたて氏はやってきた。早焚きボタンが頼もしい。15分くらいで炊き上がってしまうのが素晴らしい。

一人暮らしをはじめて10年が経ち、当初買い揃えた家電も続々とガタがきている。ビデオデッキのようにそれ自身が淘汰されてしまうものもある。技術の進化が及び、それをきっかけに家電を買い換えてきた。一人暮らしの我が家にもそれなりに時代の波は訪れる。恥ずかしい理由で買換えに至ったこの炊飯器を除いては。


本日の1曲
LV30 / くるり

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “タイガー炊きたて氏”


  1. No Comments

Leave a Reply