トップページ > 黄昏コラム > 都庁とランチ

都庁とランチ


久々に新宿中央公園で昼食をとることにした。一日中建物に籠もりっきりになっていると無性に外気に触れたくなるものだ。朝早くに出勤し、日の光を体感しないまま気付くと夜になっていることも多い。
今日はインド料理店でテイクアウトしたカレーを持参し新宿中央公園に行った。

目の前にそびえる都庁と、公園で遊ぶ子供達を眺めながら黙々と食事をする。14時の公園にはあまり人がいなかった。昼休みもひと段落し、寒空の下外でランチを取ろうと思う人は少ないのかもしれない。
木々の葉は見事な黄金色に輝いて、冬の空は水色だった。

近隣の高層ビルからは公園を一望することができる。上階から見る新宿中央公園はもこもこと木々が重なっている。沢山の集合住宅と、細長い副都心のビル群に囲まれた様は小ぶりなセントラルパークといったところだろう。

しかし園内に入ってみるとそこは決して綺麗な公園ではないことがわかる。物々しいオレンジのフェンスや、素っ気ない立て看板も沢山ある。園内は特に整備されている様子もなく、その証拠に奥地にはホームレスの青テントがたくさん張り巡らされている。

東京都庁の「お膝元」に青テントがひしめいているのは皮肉な光景だと思う。見るとどれもが大変しっかりしたつくりでまさに家そのものである。ビルに囲まれた西新宿、果たして家賃に換算するとどれだけの好立地なのだろう、と思ったりする。
彼等は日中、会談場になった広場で日光浴をしているみたいだった。
 
子供たちは甲高い声を上げながら駆け回り、それから目を離さずに見守る親達。恐がりもせずにこちらに詰め寄るすずめや鳩。何人かがランニングで走り去り、都庁にレンズを向けるアマチュア写真家もいる。

今日は都庁に見下ろされながらインドカレーを食べた。清掃夫は終始無言で落ち葉をかき集め続けた。会社に戻ると、唇も目もひどく乾燥していた。


本日の1曲
Sparky’s Dream / Teenage Fanclub

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “都庁とランチ”


  1. No Comments

Leave a Reply