トップページ > 高円寺コラム > 密室殺人的スローライフ

密室殺人的スローライフ

スロー・ライフ【スローライフ】
1. 《効率とスピードを優先して、いつも時間に追われている現代のライフスタイルの反省に立って、自然と調和したゆったりとした時間の流れを楽しむ生活。》
近年では「自然体でおしゃれなライフスタイル」という意味で使用されることが多い。

CDショップの店員は、システマティックに一連の動きをこなす。こちらが商品を差し出せば、プレートの上で管理コードを解除しバーコードを通しクレジットカードを機械に通し通信の間にCDとチラシを袋詰めし胸ポケットから取り出したボールペンでサインを促しクレジットカードを返却しレシートを袋に滑り込ませる。
やや(かなり)スピードに欠けていたとはいえ、今日だって同じプロセスを踏んでいたはずだ。

ここはレコード文化が未だ根付く街、高円寺。CDを買うよりも、レコードを買う方が容易い。一昨年にオープンした商店街のCD屋は、高円寺的なコンセプトで運営されているようだ。広くない店内には、懐かしのフォークやウッドストック的なアメリカンロック、バブリーな時代のドライブを彷彿とさせるAORやディスコミュージックが並んでいる。

先日店の前を通りかかると、軒先に発売されたばかりのWeezerの新譜が並んでいた。この店で扱いがあるとは思わず、その足で新宿に行こうとしていたところである。

店内にかろうじて用意されたトップチャートコーナーにはJ-POPの新譜が並んでいる。五十音順に並べられた邦楽コーナーの棚はスカスカで、各行あたり数アーティストしかない。チャートよりもこの棚にインする方が難易度が高そうだった。
そんなストイックな品揃えを眺めていると、レジに立っていたご婦人がつかつかと寄ってきた。CDショップには似つかわしくないご婦人が眉を下げて『何かお探しですか?』と自分に問う。子供の体調を心配する母親のような表情をしていた。

あるバンド名を告げると、ご婦人は残念そうな顔をした。横文字のバンド名を一回で聞き取り、入荷状況を即答したことに少なからず驚いていると、ご婦人は「よかったら予約していかれますか、数日で届きますから。」と微笑んだ。

Amazonならこの店で取り寄せるより先に届くだろう。しかも自宅にポストインで。しかしご婦人を前にすると、そんな現代人的な思考回路が妙にやましくなる。咄嗟に棚からWeezerのCDをつまみあげて差し出した。

そう言えば、突然商店街に姿を現したサーティーワンアイスクリームの前は、どんな店があったんだっけな。それを聞くと、ご婦人は以前そこにあった化粧品店の話をしてくれた。袋に冊子とチラシを同封していいか丁寧に確認をとり、背後にあるクレジットカードの機械相手にしばらく首を傾げると、振り返って「通信中。」と言った。

日用品の買い出しを終えて部屋に戻り、さっそくCD屋の袋を開けてみた。チラシや冊子は入っているものの、肝心のCDが見当たらない。念のため他の店の袋も開けてみるがやはり無い。

まじまじとCDショップのビニール袋を見る。空の袋を揉んでみたりもした。開封口の真ん中はテープで閉じられていて、破れた形跡もない。まるで密室殺人である。(CDはどんな方法でここを出たのか?)

半信半疑で店に電話をかけるとご婦人が出、開口一番に『うぃーざー!』と言った。そして数十分後、自宅にCDが届けられた。ショルダーバッグを斜めがけしたご婦人は両手を胸の前で合わせ、ゴメンのポーズをしていた。

友人氏はそのエピソードを「スローライフ」と形容した。
買ったCDを渡し忘れるCD屋なんて聞いたことがない。でも高円寺にはそんなCD屋がある。


本日の1曲
Troublemaker / Weezer

続けて読みたいエントリーたち

13 Responses to “密室殺人的スローライフ”


  1. 1ケージとヨーコ

    ノーミュージックスローライフ!orz

    「通信中。」とか、
    ゴメンのポーズに漂う空気感が…たまりません。

    めちゃくちゃおもしろかったです!

  2. 2taso

    >ケージとヨーコさん
    はじめまして。コメントありがとうございます!

    この店でCDを買うのは初めてだったんですが、不安な気持ちが的中した感じです。(ある意味、期待を裏切らない店です)
    「通信中。」のくだり、実は自分でも気に入っています。ご婦人の優しい気遣いが伝わってくる名シーンです。

  3. 3マイコン

    今回のWeezerのアルバムてどうなんですか?    過去のアルバム全て聴いたんですけど、僕はアルバム『Weezer』の出来が良すぎて他のアルバムはあまりハマりませんでした。 LIVEDVDも探したんですけど地元じゃ売っていなくてまだ観れていません・・。                        話は変わるんですけど、『本日の一曲』の選曲を観ていると学生の頃、一番仲良かった友人のことを思い出します。友人が持っていた音楽と結構かぶっています。その影響で僕も洋楽ロック聴くようになったんですけど。tasoさんのブログを通して邦楽ロックも聴くようになりました。                最近の自分のお気に入りのバンドはアメリカのインディーズなんですけど、『IRON AND WINE』てバンドなんですけど結構かっこいいです。

  4. 4taso

    >マイコンさん
    『IRON AND WINE』をMySpaceでさっそくチェックしてみました。(そしてSUB POPレーベルがまだあることにちょっと驚きました)
    夜に部屋聴きしたい感じです。ひとりのいい時間が過ごせそうな音楽だと思いました。

    今回のWeezerのニューアルバムは、はっきり言って想像を上回る作品です。久々に興奮しちゃいました。ご婦人のミステイクがこの感動のお膳立てだったのではないかと疑うくらいです。
    4曲目の「Heart Songs」は一聴して好きになってしまいました。(ぜひ聴いてみてください!)個人的には、やっとWeezerが帰ってきた!という感じです。

    そういえば会社の男の子が「Weezerは好きだけど3rdアルバムからしか知らないッス。」と言ってました。『Weezer(1st)』と『Pinkerton(2nd)』聴いたことがないなんて!アワワ。(この感覚は同世代の人なら判ってくれるんじゃないかと思いますが・・・)
    これがいわゆるジェネレーションギャップというやつでしょうかね?(笑)

  5. 5pinkbear

    Weezerネタだったので、久々ながらコメントさせて頂きます。
    最近、ケーブルが観れなくで、仕方なくYouTubeにてPVをチェックしました。某氏は「アーティストとしてのオーラがなさすぎて、PVの中で誰がWeezerなのかわからない」とコメントしていました。とても的確な意見だと思いました。(苦笑)
    そして付属ネタとしてBoAの曲をカバー(リバースが日本語で歌う!!)している事実を発見。
    妻がBoAを聞く、→じゃあ、オレがカバーしちゃう? 的なノリが見えて、とっても残念でした。
    と、長くコメントしましたが、結果論。 私もアルバム購入しましたよ!

  6. 6マイコン

    ヤバいです・・     今日、一日中Weezerにドップリ浸かってしまいましたぁ・・一瞬にしてダメな青春時代(現在もそんなに変わらないけど)に戻ってしまいましたよぉ・・・              個人的に、3曲目の『ポーク・アンド・ビーンズ』が好きです。

  7. 7taso

    >pinkbearさん
    クオモ夫妻にそんな会話があったのか定かではありませんが(笑)、その選曲に度肝を抜かれました。

    初めてWeezerを知ったとき、そのオーラの無さは衝撃的でした。普通の人がロックする時代の輝かしい到来を告げています(笑) メガネdeロックの先駆けであることに間違いありません。

    そして今年の正月にリバースのソロアルバムを一緒に聴いたとき、君は憤りながらも何度も頷いていらっしゃいました。あれはリバースへの深い愛を感じさせる素敵なシーンだったと思います。

    >マイコンさん
    実は最近ロック離れで、ジャズやらハウスやらを聴いていたんですが、このアルバムのおかげで我が家にロックが返り咲きました!(笑)

  8. 8サチエ

    こちらからはハジメマシテ。
    CD屋ネタに通りすがれずこんにちは、いやコンバンワ。

    いやありますよー入れ忘れとか普通に…。
    って普通にあるとまずいんだけど。
    前の会社は会員証持ってる人がほとんどだったからこっちから先に連絡する事多かった。

    それとかたまに店頭の商品のケース割れを何枚かケース交換していて、違うCD入ってるの売っちゃったりとかW
    買った人はきっとびっくりするよねー(汗)

    私も最近はなんとなく、なんだかロックが聴けなくなっててエレクトロニカとかジャズとか多かったんだけど
    たまたまポスター通販のサイトで、カート・コバーンがステージでギター抱えてうずくまってるポスターを見つけてから
    無性にNirvana聴きたくなってずっと聴いていました。

    あ、そだ、これ95%私的ブログです↓
    http://frfsm.blog39.fc2.com/

    でわおやすみなさい…

  9. 9taso

    >サチエさん
    このコメントに影響され、今日の通勤はNirvanaでした。『Nevermind』を聴くと高校生の頃を思い出します。
    「Lithium」は格好良すぎますね・・・はぁ。(ためいき)
    そして一度でいいからライブを見てみたかったなぁ、なんて思いました。もうカートは永遠に年をとらないんですよねぇ。

    ブログを教えてくれてありがとう! カートのポスター、あれすごくいいね。(「私的」じゃない5%は見てすぐにわかりました 笑)

    ところで遅ればせながら最近MySpaceに開眼しました。気になるアーティストを見つけたりすると、ブラウザでずっと聴いちゃいます。一曲フルで聴けるのに満足して、お気に入りにはアーティストページが増殖中です。

    でもAmazonでCDを注文したあとは、なんだか勿体無いので再生を控えたりします。これはなかなかの葛藤です。

  10. 10サチエ

    ねー、生で感じたかったです。
    映像だけでも鳥肌なので、ライヴだと相当やられちゃう…。
    年取ったカートも見たいけど、結局コートニーともめたりなんなりしたんだろうなW

    ブログは一応ヤップ島やハワイ行ったのは本当だけど一部脚色ありってことで…。

    マイスペいいですよねー、ずっと聴けるし。
    わたしも実は半年?くらい前に登録して
    BECK王子の記事あがったらすぐチェックしてます♪

  11. 11taso

    >サチエさん
    BECK王子説には異論無しです!(笑)
    結婚したときは結構なニュースになったよね。これから腰を据えてBECK聴きますので色々教えてください!

    そういえば、Weezerのリバースもカートの大ファンで、最新アルバムでも『Nevermind』を聴いて衝撃を受けた様子が歌われてます。
    信じられないかもしれないけど、リバースも昔はちょっとカートに似てたんです。グランジだったですよ。

  12. 12u

    ご無沙汰してます!
    そうか、Weezerの新作素晴らしいのですね。ぜひ購入したいと思います。
    いや、何度か買いにいったんですよ。しかしその度に、The Musicの新作やCOLDPLAYの新作など、他の作品を買ってしまって……
    何故でしょう?「BoA」が歯止めになっているのか、リバースのソロ(購入した翌日に売却)がトラウマとなっているのか(笑)。
    早速、買いに……あ!!!!!明日、高円寺に行くんです!美容院に。このCD屋で買えってことですよね?あはは〜。ぜひ上記のご婦人に接客して頂きたいのですが、いらっしゃるかしら?

  13. 13taso

    >uさん
    リバースのソロアルバムは確かに衝撃的でした!こういう作品を「マニア垂涎」というのでしょう。そしてあのアルバム買い値がついたことに少し驚いています(笑)

    高円寺にお越しになった際には、南口PAL商店街のCDショップを覗いてみてください。
    残念ながらご婦人のシフトは存じ上げませんが、uさんがご婦人と遭遇できることを祈っております。
    その店には優しい時間が流れているはずです。たぶん。

Leave a Reply