トップページ > FujiRockFestival’06 > FUJIROCK道 〜夏嫌いインドア人間の決意編〜

FUJIROCK道 〜夏嫌いインドア人間の決意編〜

発売と同時に売り切れた今年のFUJI ROCK FESTIVALのチケット。一時的に買える状態が戻った隙にWeb上のプレイガイドで3日通し券とキャンプサイト券を購入。もう迷っている時間は無い。鼻息は荒かった。

ソールドアウトに焦りまくった先週土曜。そしてそのせいで一気に参戦の意志が固まったのは事実である。迷っているうちにソールドアウトしたことで(・・・行けないのかな・・・まさかネ)という不安が徐々に、今度見つけたらすぐ買うどー!という意気込みに変わっていった。
本日チケット代金の振込も完了し一安心。コーフンしている。

現在のところ、3日通し券と29日券は完売している様子。キャンプサイト券は購入できるが駐車券は売り切れているようだ。車で向かう我々は会場近くにある民宿の駐車場を予約することにした。
近くと言っても会場ゲートまでは歩いて20分(従業員氏談)、キャンプサイトまでは更に倍くらいは歩くだろう。しかし先日の売り切れ騒動を考慮すると、追加発売に望みをかけるより、早めに手を打ったほうがよさそうだ。

今年はSUMMER SONICは見送り。一度は行ってみたいROCK IN JAPAN FESTIVALも敢えなく見送り。当分はその他のワンマンライブも見送り。
全てはフジロックに捧げるつもりでいる。・・・というのはタテマエで実は金銭的問題が一番の理由。チケット代に駐車場券、キャンプ券、移動費、食費、雑費などを合わせると最低でも6万円はかかる。念願の香港旅行が遠のいた感は否めないが、それは考えないことにする。

昨年は仕事の休みを取っておきながら、参戦をとどまった。無駄になった休暇中はFUJI ROCK EXPRESSをリロードしまくり、ライブレポをむさぼり読んだ。今頃苗場は・・・と想像する度に高円寺にて悶絶。そんなことなら何故行かなかったんだ?と去年の自分に問う。

今年は初めてのキャンプとあって、正真正銘夏嫌いの筋金入りインドア人間は先人達の知恵を拝借すべくWebをかけずり回ろうと思っている。
いよいよ楽しみになってきた。開催まで、あと50日。


本日の1曲
Living Loving Maid (She’s Just A Woman) / Led Zeppelin



——————————-
>>connection archive >>
2006/08/07 『FUJIROCK道 〜グッバイ・サンキュー!編〜
2006/08/06 『Red Hot Chili Peppers @FUJI ROCK FESTIVAL2006
2006/08/05 『FUJIROCK道 〜0時を過ぎても!編〜
2006/08/04 『FUJIROCK道 〜滑降覚悟のテントライフ編〜
2006/08/03 『FUJIROCK道 〜騒いでも騒がなくてもハングリー編〜
2006/08/03 『ASIAN KUNG-FU GENERATION @FUJI ROCK FESTIVAL2006
2006/08/02 『FUJIROCK道 〜魅惑のエンバイロメント編〜
2006/08/01 『ストレイテナー @FUJI ROCK FESTIVAL2006
2006/07/31 『FUJIROCK道 〜ハロー苗場!高速移動編〜』 
2006/07/27 『FUJIROCK道 〜出発直前!いざ苗場編〜』 
2006/07/10 『FUJIROCK道 〜ライブのお供にゃクエン酸編〜
2006/06/04 『FUJIROCK道 〜冷静を装う週末編〜
2006/02/28 『FUJI ROCKのOMOIDE

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “FUJIROCK道 〜夏嫌いインドア人間の決意編〜”


  1. No Comments

Leave a Reply