トップページ > トーキョーバイク > ポタリング・トーキョー 〜としまえんで映画編〜

ポタリング・トーキョー 〜としまえんで映画編〜


練馬区に住む友人氏はユナイテッド・シネマとしまえんがお気に入りみたいだった。大きくて綺麗で割引もあって、なにより空いているらしい。確かに新宿や池袋から近いものの、わざわざ「練馬の」映画館に足を運ぶ人は少なそうだ。
練馬方面に伸びる環状七号線を北上すれば、我が家からも自転車で30分以内で辿り着けるはずだった。

まずは予定通りに夜の環七を北上。大和陸橋を通過。引越の時最後まで候補に残ったマンションを懐かしく見上げる。目の前の歩道橋にのぼり車道を見下ろす。
再度自転車にまたがり、西武新宿線野方駅に到着。線路を越え商店街を通過、新青梅街道に出る。都立家政駅周辺を散策してさらに北上すると目白通りにぶつかる。
人通りの無い歩道とカーブを描く広い車道。時折高架を西武池袋線がゴォーと通り過ぎていく。好みの景色を立ち止まって眺める。
練馬区はなかなかフォトジェニックな街であることが判明した。

地下道をくぐり、としまえんに繋がる道を真っ直ぐに進む。地図で見た町名を確認しながら走っていると突如左手にユナイテッド・シネマとしまえんが現れた。
実はこの時既に上映時間を過ぎていた。開演時間を調べてあったものの、初めての土地の景色にはしゃぎ過ぎたせいで到着時間をオーバーしてしまったのだった。

それにしても!立派な映画館!
建物内をダウンライトが照らし、吹き抜けのロビーからは階上へエスカレーターが伸びている。
最近の嫌煙傾向にも慣れ、そそくさと外へ向かっていると立派な「SMOKING ROOM」を発見する。木製のベンチやライトはモダンなインテリアで、暖房もしっかり効いて空間も広い。喫煙所にあるまじき贅沢な空間だった。
次の回まではあと2時間。閉園日のとしまえんを見に行くことにする。

真っ暗な入場ゲートをぼんやり眺めていると、目の前の豊島園駅を降りた人々はするするとゲート脇の道へ消えていった。どうやら通り抜けができるようだ。彼等の後をおそるおそる歩いているといつの間にか人影は消えていた。
すると目の前には巨大なウォータースライダー、”ハイドロポリス”が姿を現した。真っ暗でしんとした空間に不気味な白いチューブが上空に渦を巻いている。
プールの水面はどす黒く底なし沼のようで、わずかに浮かび上がった白いチューブは視界を覆い尽くした。まるで遊園地の廃墟を見ているかのようで、すぐに道を折り返した。休園日のとしまえんは夜来るところではなかった。

カフェのような映画館のロビーで書き物をしながら『マリー・アントワネット』の上映時間を待つ。0時近くに終演し、空いている車道を軽快に走り帰宅した。


本日の1曲
I Still Remember / Bloc Party

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “ポタリング・トーキョー 〜としまえんで映画編〜”


  1. No Comments

Leave a Reply