トップページ > トーキョーバイク > ポタリング・トーキョー 〜紅葉美し昭和記念公園編〜

ポタリング・トーキョー 〜紅葉美し昭和記念公園編〜



C氏から昭和記念公園に二人乗り自転車がある、と連絡があった。我々には行楽地でよく見掛ける二人乗り自転車に乗りたいという野望がある。
高円寺から中央線沿線を下り、午前11時前に西立川駅に到着。小さなプラットフォームの駅で大勢が下車し、皆が昭和記念公園のゲートに向かってぞろぞろと歩いていく。

昭和記念公園は、立川市にある国営公園で、その敷地面積は東京ドーム約40個分もあるそうだ。池や広場はもちろん、バードウォッチングができるバードサンクチュアリーや巨大なレジャープールまである。(園内マップ)年間入園者数は349万人になるという全国的に見ても立派なレジャースポットなのだ。

サイクルセンターには我々の予想に反して「ただのママチャリ」が100台くらい並んでいた。返却した時には1台も残っていなかったから、ママチャリも大人気の様子である。肝心の二人乗り自転車は残念ながらすべて貸出中だった。人気の程がうかがえる。

ただのママチャリにまたがった我々は、数々の植物を眺めながらサイクリングコースをひた走った。隣接するエリアでさえ遠く離れているからここの移動に自転車は欠かせない。子供たちは「くせー!くせー!(銀杏が)」と叫びながら元気よく我々を追い抜いていった。
バーベキューエリアのにおいに触発され、まず売店に向かうことにする。焼きそばやアメリカンドックで腹ごしらえを終え、サイクリングコースに戻る。

「こどもの森」エリアに差し掛かるとケタタマシイ歓声が聞こえてきた。近くの駐輪場に自転車を止め、ドーム型の巨大トランポリン「雲の海」を見物する。

子供たちは雄叫びをあげながら白いビニールの山に群がり、跳ね、ドームをかけ降りまた登る!まるで何かに憑かれたかのような貪欲な行動。連なった白い山々は興奮のるつぼと化している。そんなアンファンテリボーな光景を眺めたあと、C氏おすすめの「霧の森」へ行く。

「霧の森」では広場の中央から30分おきに水蒸気が噴出し、人工的に霧が作り出される。シューッと霧が出始めると付近のエリアにいた子供たちが甲高い声をあげながら駆け寄ってくる。濃い霧の中に入ると1メートル先も見えない。大人の戸惑いもなんのその、興奮状態の子供たちが濃霧の中から次々飛び出してくる。
C氏曰く「子供心を掴みすぎ」な遊具たち。昭和記念公園は(意外にも)斬新な遊具が揃っていることが判明した。

日本庭園のもみじは一段と赤く紅葉していて、そこらじゅうで年輩の方々の「あらぁ・・・。」とか「うわぁ・・・。」という声が聞こえる。雪吊りした松の姿が池に映って荘厳な雰囲気を漂わせていた。(国営昭和記念公園 日本庭園雪つり
寒空のジョガーとすれ違いながら自転車を走らせているとイチョウ並木に差し掛かった。見事な黄色の並木を大いによそ見をしながら走る。

およそ3時間半の探索を終え、自転車を返却し「水鳥の池」にやってきた。スワンボートもなかなか繁盛している様子で、視界に入るボートの数は井の頭公園よりずっと多かった。

大学浪人で一年間立川に住んでいたものの、住んでいる間は昭和記念公園に来たことがなかったように思う。のちに花火見物やバーベキューをしに訪れたことはあったけれど、公園の奥地まで探索したのは今回が初めてだった。

久し振りにどんぐりを手にとったり、雑木林に現れたタヌキともキツネともつかぬ不思議な動物をまじまじと眺めたり。タイミングよく紅葉も堪能できてしまった秋の休日であった。


本日の1曲
Like A Lovesong (Back To Back) / the pillows


国営昭和記念公園
公式サイト:http://www.showakinenpark.go.jp/

JR青梅線・西立川駅より約2分/JR中央線・立川駅より徒歩15分
開演時間:3月1日〜10月31日 9:30〜17:00/11月1日〜2月末日 9:30〜16:30
休園日:年末年始(12月31日・1月1日)及び2月の第4月曜日とその翌日
入園料:大人(15歳以上)400円/小人(小・中学生)80円
レンタサイクル:大人(15歳以上)3時間410円(30分ごとに70円)

続けて読みたいエントリーたち

10 Responses to “ポタリング・トーキョー 〜紅葉美し昭和記念公園編〜”


  1. 1

    連休中も連勤だった私ですが、妄想サイクリングさせていただきました〜

    しかしなにゆえ
    その選曲ですか?w

  2. 2イーゴン

    行楽ですね。
    私も近所で狸に遭遇しました。
    夜中の住宅地です。

    意外とでかかったのですが、めったに無い事と思い、捕まえようと結構奮闘しましたが、ウォーキング中の老夫婦に通報されそうになったので、手ぶらで帰りました。

    妻にいいところを見せたかったのですが、叶いませんでした。
    狸は走ると速い。

  3. 3イシカワ

    昭和記念公園、何度も行きたいと願いつつ、未だ実行しておりません。
    軽くジェラスです。

    >まるで何かに憑かれたかのような貪欲な行動。
    子どもと暮らしていると、毎日そんな感じです。
    昨日も延々、ベッドから布団に飛び移る、という行動を10分程度続けていました。

    ちなみに私も深夜のタクシー帰宅途中に、タヌキに遭遇したことがあります。

  4. 4ちんみん

    もみじの赤と、
    いちょうの黄色と、
    そらの青が、
    とてもきれいですね。

    みどりや茶色が背景にまわってしまいますね。

  5. 5taso

    >★さん
    お仕事お疲れ様でした。
    冬場のサイクリングは目が乾燥してシパシパしますので、ポケットに目薬をしのばせています。

    本日の1曲は、ハナウタで浮かんできた曲を選曲させていただきました!

    >イーゴンさん
    行楽です。
    みんな好き勝手にその動物がなんなのかを予測していましたが、
    結局何者なのかはわからずじまいでした。
    アライグマに近かったような気がします。

    杉並にも狸がいるとは知りませんでした。
    (そういえば下のイシカワさんも杉並ですね)
    あなたは充分いい夫ですから大丈夫です。

    たとえ狸を捕まえなくても。

    >イシカワさん
    この記事を書くために調べたんですが、昭和記念公園は入園者数が国内トップ10に入るほどの人気スポットのようです。(1位はディズニーランド)
    犬を散歩させている人が多かったですね。犬も尻尾をぶんぶん振って満足そうでした。飼い主同士の交流とかやってみたいです。猫飼いとしてはジェラスです。

    布団に飛び移るご子息。なんという謎の行動なのでしょうか!
    ぜひ昭和記念公園に連れていってあげてください。興奮のるつぼです。

    >ちんみんさん
    この日は本当にいいお天気でした!雲ひとつなかった。
    こういうところに行くといつも、普段の自分がどれだけ自然と遠い生活をしているかを思い知らされます。次に引っ越すなら代々木がいいなと思ったりします。

    自然好きのちんみんさんにまたお供しますので、よろしくお願いしますね。

  6. 6かわうそ食堂

    いつだったか職場の仲間で忘年バーベキュー(忘ベキュー)しましたね!懐かしいですな。あの頃はtasoさんは私の先輩だったね。池のところに変わった姿の鳥がいて、おにぎりをあげたらカモ達もどんどん来ちゃって大変なことになったね。カラスにバーベキュー用の肉を盗み取られたことも懐かしい思い出です。今はクリスマスのイルミネーションになっているのかな。

  7. 7ちんみん

    職場でのバーベキューの思い出よいですね!
    職場かわるとだんだん疎遠になってしまって
    さみしさを感じたりしますが
    こうやってまたブログを通じて思い出共有できるのもいいですね!


    国内上位にはいるほど、人気スポットなんだね。
    しらなかった。

    でもわたしも一回いってみてまたいきたいな、と思いました。

  8. 8taso

    >かわうそ食堂さん
    かつての先輩、tasoです。
    相変わらずかわうそさんの記憶力は素晴らしいですね!
    思い出がありありと蘇るディテールの描写です(感心)

    あの日はバーベキューエリアは閑散としていたけど、先週末はびっくりするくらい人がたくさんいました。
    売店も洗い場も混んでいて、皆さん肉を焼きまくりでしたよ。

    あと、一眼レフ&三脚の写真愛好家のおじさんも多く見ました。都心から来る人も多そうです。
    イチョウの木の周りは特にたくさん三脚が立ってました。

    >ちんみんさん
    お誘いをいただいた時、まだ予定が分からないと答えたら、ちんみんさんは「じゃあ一人で行ってくる!」とおっしゃいました。

    その意気込みにつられて、久々の昭和記念公園の土を踏みました。
    なにも考えないで行ったのに、紅葉のおまけつきだった!
    今度はシキモノを敷いて弁当を食べ、恐るべき子供達を眺めたり、読書をしたりして1日過ごしたいです。

    この間前の職場の人達と会ったら、このブログの話をしてくれる子もいて嬉しかった。離れても近況が伝えられるのはブログの素晴らしいところ!
    それで会うときの話題が増えたりね。

  9. 9ちんみん

    敷物は必須アイテムだったね。
    あの広場で、のんびり一日過ごすのもいいね。
    読書は、ぜったい、いいと思う。
    あとは手作りの、お弁当だね。

  10. 10taso

    >ちんみんさん
    アウトドアを楽しむために、敷物が必須だということに薄々感じていましたが、慣れないと忘れてしまうものです!
    ところで、外で食べるお弁当はなぜあんなに美味しいんでしょう。
    食べ物も人も、光合成しているから!?

Leave a Reply