トップページ > 黄昏コラム > 豚の骨に恋して

豚の骨に恋して

西新宿からタクシーで大久保へ向かう。賑やかな大久保通り沿いにある韓国料理店『ソウルハウス』は、お客さんも大入り。前日にテレビ番組で紹介されたらしい「ビビンバ」は必ず食べなくてはならないだろう。我々の鼻息は荒い。いつも予約の得意な友人氏が先にリザーブしておいてくれる。当の友人氏は体調不良で欠席したが、構わず店に向かう。

雑居ビルの地下に店舗はある。道端の黄色い看板を見逃してしまったら見つけるのは困難だろう。ところでソウルハウスはなぜか店舗が二つに分かれている。レジや厨房のある主な店舗のほうに優先して客を案内しているのか、片方の空間には客は誰もいなかった。(ちなみに帰る頃には満席になっていた)

座敷につき、オーダーを終えると小皿が4つ運ばれてきた。ナムルやカクテキの小皿はおかわり自由なのである。腹をすかした3人、早くも前菜に食らいつく。

もう大体頼むものは決まっている。春雨と野菜の炒め物、各種チヂミ、カムジャタン、今日は青海苔入り石焼ビビンバを初オーダー。
カセットコンロがテーブルに置かれ、まずは肉を焼く。ネギ味噌をつけたら豪快にサンチュで巻く。海鮮チヂミはオムレツのようにふわふわしていて、酢醤油のタレにつけて食べる。はみ出たイカの足をつついていると、ビビンバが登場した。すると友人氏はスックと席を立ち上がり、無言でビビンバを混ぜ始めた。頼りになる。

しかし言うまでもなく本日のメインディッシュはカムジャタンだ。同席していたお姉さん氏は、一度食べてそのスープの虜になってしまったようで最近は『食べたいよねぇ・・・アレ。むふふ』で通じる仲になってしまった。鍋に山盛りの豚の骨、ネギとじゃがいもが入っている。骨部分についている肉を削ぎ落として食べる。旨過ぎて『旨過ぎる』としか言えない我々。

スープは真っ赤だが、見た目ほどは辛くない。濃くてまろやかなこのスープがあれば、何をぶちこんでも旨いだろう。幸せな食卓が約束されるが、これは家庭では出せない味なのではないだろうか。
店員氏にご飯を入れることを勧められたけれど、いつも最後に鍋が運ばれてくる頃には腹も8割いっぱいになっちまっていて今夜もご飯までは辿り着けなかった。

通りには韓国人の若者が大勢いて、異国の言語が飛び交っているし、韓国食材や韓流タレントのグッズショップなどの商店も夜遅くまで営業している。JR大久保駅までの道程はまるで韓国旅行に来たかのようだった。


本日の1曲
Good Taste / ZAZENBOYS




韓国家庭料理 <ソウルハウス>
03-3200-6979

新宿区大久保2-19-1 セントラル大久保ビルB1
山手線新大久保駅より徒歩5分
(明治通りと大久保通りの交差点を西へ250メートル)

ランチ  11:00〜15:00
ディナー 15:00〜07:00

——————————-
>>connection archive >>
4/23 『コリアンタウン

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “豚の骨に恋して”


  1. No Comments

Leave a Reply