トップページ > ライブ&音楽 > ストレイテナー @恵比寿みるく

ストレイテナー @恵比寿みるく

狭い!地下の空間は四方を壁と階段に囲まれ、ドラムセットを置くとスペースが埋まってしまうような小さなステージだった。400人程が詰め込まれたその空間の一番後ろを陣取りバンドの登場を待つ。

そして思いがけずマネージャー氏の前説が始まる。普段のライブではまずマネージャーは顔を見せないが、今日はアルバム購入者の中から抽選で選ばれた人のみが参加できるフリーライブだ。そのせいか会場内にはどことなくフレンドリーな雰囲気が漂っている。

メンバーが登場すると、観客がどっと前方に押し寄せる。ライブは「White Room Black Star」で幕を開けた。皆が拳を突き上げ、ジャンプする!開場してから開演までの時間を共にぼけっと過ごしていた周りの人々が一斉に跳ね回る様には毎回驚く。それは(同じ音楽で集まった人達なんだなぁ)と感じる幸福な瞬間でもある。

ステージ位置が低くメンバーの顔はよく見えなかったが、bassの日向氏は時々PAモニタの上に立ち、オーディエンスを煽る。時間が経つごとに飛び散る汗が増量する。曲間にdrumsナカヤマ氏の雄叫びが聞こえる。彼の突き上げるドラムスティックが照明に光る。

発売直後のアルバムからのナンバーは熱狂をもって迎えられた。『Blue Sinks In Green』は既に定番曲のような盛り上がりだ。そして『Discography』『Killer Tune』はテナーファンにはもはや説明の余地がない。これぞディスコチューン、チュチュンチューンである。
そして明らかに周りの温度が上昇し、一気に空気が薄くなるのを感じる。曲が終わるとメンバー同様、オーディエンスの息もあがっている。

ストレイテナーは曲間のMCを最小限に止める。水分補給をし汗を拭いたらストイックに演奏し続ける。後方で腕を組みながらの観戦だったが、前方からは何人もギブアップした人々が流れてきた。オーディエンスの波が前方、後方と流れを変えながらうねり続けていた。voのホリエ氏も最後にモニタ上に上がりギターを掻き鳴らす。その姿は非常に色めき立っていた。

このライブはいわゆる「レコ発ライブ」だ。アルバム購入者にシリアルナンバーの記載された用紙が配布されインターネットで申し込む。当選すれば予約番号がメールで通知され、ローソンの店頭でチケットと引き換える(この時点で初めてライブが入場無料ということに気がついた)。応募期間が短く、開催直前の告知であった為か運良くチケットを手にすることが出来た。


本日の1曲
Blue Sinks In Green / ストレイテナー



——————————-
>>connection archive >>
08/01 『ストレイテナー @FUJI ROCK FESTIVAL2006
01/18 『ストレイテナー @渋谷QUATTRO

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “ストレイテナー @恵比寿みるく”


  1. No Comments

Leave a Reply