トップページ > FujiRockFestival’08 > フジロック通信’08 〜雷雨のち、エストロゲン編〜(3日目行動記録)

フジロック通信’08 〜雷雨のち、エストロゲン編〜(3日目行動記録)


3日目の朝、起きてからテントを片付け、片道30分はかかる駐車場まで炎天下の歩道を歩く。腕に塩が浮き出るという中学校の部活以来の快挙を成し遂げる。なだれ込むように車に乗り込み、自販機で買った冷たい麦茶をあっという間に飲み干す。我々は、エアコンの素晴らしさについて今更熱く語らったあと、意気揚々と会場に戻った。

今年はドラゴンドラで行ったたしろ高原の頂上で激しい雷雨を経験した。(フジロック通信’08 〜ゴンドラは白昼夢行き編〜)恐る恐る会場に戻ると、案の定地面は思いっきりぬかるんでいる。降り続く雨の中、omo氏と落ち合う。久々の再開にウキウキが加速する。一方、雨もどんどん激しさを増していく。

近年では、フジロックの準備の一環として雨具に重きを置く人が多いみたいだ。日本の夏にフェスティバルが定着したおかげで、アウトドア市場は随分潤っていると思う。晴天の会場でHUNTERAIGLEなどの、お洒落なレインブーツを履いている人を見かけたが、3日目にしてようやく本領発揮である。上等なゴアテックス(Gore-Tex)のレインウェアを身にまとったomo氏もなんだかお洒落だ。そう、フジロッカーは雨なのにお洒落なのだ。

自分のファッションといえば、上からゴミ袋、Gパン、泥だらけのコンバースという有り様だった。あろうことか雨具や上着を全て車に置いてきてしまったのだ。これではひとり天神山ではないか!
omo氏はそんな悲惨な姿を心配しながら『まったく学習してないね・・・!』と困り顔で笑う。確かに出発前のエントリーでは偉そうにわかったようなことを書いた気がする。しかし浮き足立って雨具の存在をすっかり忘れるとは、まったく学習できていない! 雷鳴轟き数々の悲鳴があがる中、我々は愉快に笑った。

一段と激しくなる雨を避け、屋根のある苗場食堂に避難するも、すだれからも激しい雨が容赦なく店内に吹き込んでくる。これはまるで嵐である。

そんな状況でもライブは時間通りに敢行されているみたいだった。定刻丁度にGREEN STAGEのELLEGARDENに向かい、ステージ全体が見渡せる岡の上に立つ。ステージからは随分距離が離れているものの、回りの人々は手を上げジャンプし演奏に応えていた。ELLEGARDENは後方まで興奮を届けられるバンドになったのだ。
人気絶頂の中、彼らは活動休止を発表した。もうしばらくはライブを見ることができないだろう。大勢がそんな気持ちでステージを見つめていたのかもしれない。

OASISで休息を取ったあと、C氏と共にトイレに向かう。GREEN STAGEではThe Birthdayが演奏中で、その硬派なステージに予定を変更して観入ってしまう。
vo.チバ氏が『またカミナリ落ちちゃうかもよ?』と言い放った後の「KAMINARI TODAY」は圧巻だった。歌詞にずるずると引き込まれ、思わず口が開きっぱなしになる格好良さ。さすが、喋れば喋るほど人々を痺れさせる男である。

The Birthday終演後、CSSがライブ中のRED MARQUEEに移動する。収容人数5000人の巨大な赤テントに人々が押し掛け、前方に移動するのは容易ではなさそうだ。
CSSはMySpaceから一躍有名バンドになったブラジル出身のバンド。vo.Lovefoxxxは昨日のPRIMAL SCREAMのライブにもゲスト出演していた。万人受けを狙わない音作りをしながら、これだけの観客を集めるとは今のCSSの勢いはすごいものがある。


最早全身ずぶ濡れ、最後に苗場食堂を覗き見て会場を出ることにした。毎回のことながら、ゲートをくぐるときはなんとも寂しくなる。
The Birthdayのライブで『エストロゲンが出た!』というC氏、場外の岩盤ショップでアルバムを買い、それを聴きながら東京に向かう。

1997年に初開催されてから、フジロックは世界に誇れるフェスティバルであり続けている。そして自然が相手であるからこそ、参加する度に楽しみ方が増えていくフェス、とも言える。
開催当初は、それまでになかったイベント形態や海外アーティストを中心としたラインナップが注目された。でも今では、このフェスティバルのスピリットを慕う出演者と来場者たちの高い意識がフジロックを作っているのだと思う。

実は初日から『あと3日間しかないよ・・・』と溜息をついていた気の早すぎる我々であったのだが、いよいよ今年のフジロックが終わってしまった。日本には、こんなに早く終わる夏の3日間があるのだ。


本日の1曲
KAMINARI TODAY / The Birthday


——————————-
>>関連エントリー >>
フジロック通信’08(FUJI ROCK FESTIVAL 2008参戦記)
2008/08/15 『フジロック通信’08 〜お食事処フジロック編〜
2008/08/11 『フジロック通信’08 〜ゴンドラは白昼夢行き編〜
2008/08/07 『フジロック通信’08 〜僕らのジェネレーション・スケール編〜(2日目行動記録)
2008/08/03 『フジロック通信’08 〜寝ちゃいけなかった夜、編〜(1日目行動記録)
2008/08/02 『フジロック通信’08 〜若きキャンプ・ブルジョワジー編〜
2008/07/19 『フジロック通信’08 〜カネも有給休暇も今こそ!編〜

FUJI ROCK道(FUJI ROCK FESTIVAL 2006参戦記)
2006/08/07 『FUJIROCK道 〜グッバイ・サンキュー!編〜
2006/08/06 『Red Hot Chili Peppers @FUJI ROCK FESTIVAL2006
2006/08/05 『FUJIROCK道 〜0時を過ぎても!編〜
2006/08/04 『FUJIROCK道 〜滑降覚悟のテントライフ編〜
2006/08/03 『FUJIROCK道 〜騒いでも騒がなくてもハングリー編〜
2006/08/03 『ASIAN KUNG-FU GENERATION @FUJI ROCK FESTIVAL2006
2006/08/02 『FUJIROCK道 〜魅惑のエンバイロメント編〜
2006/08/01 『ストレイテナー @FUJI ROCK FESTIVAL2006
2006/07/31 『FUJIROCK道 〜ハロー苗場!高速移動編〜』 
2006/07/27 『FUJIROCK道 〜出発直前!いざ苗場編〜』 
2006/07/10 『FUJIROCK道 〜ライブのお供にゃクエン酸編〜
2006/06/08 『FUJIROCK道 〜夏嫌いインドア人間の決意編〜
2006/06/04 『FUJIROCK道 〜冷静を装う週末編〜
2006/02/28 『FUJI ROCKのOMOIDE

続けて読みたいエントリーたち

4 Responses to “フジロック通信’08 〜雷雨のち、エストロゲン編〜(3日目行動記録)”


  1. 1omo

    大ボリュームレポおつかれさま!

    tasoちゃんとフジで会う時は、大雨率高いね。

    雨宿った苗場食堂は
    ゆったりした時間で良い思い出です。

  2. 2taso

    >omo氏
    お盆休み真っ最中にようやく書き終わりました。
    言われてみると、大雨の時はいつも君と一緒な気がします。そうか、1年で一番みすぼらしい時にomo氏に会っているわけだ(笑)

  3. 3

    お疲れ様でした
    ライブやフェスは 最早、前日の高揚感のために行くと言っても過言ではありませんww

    あたしの夏は
    今週末です!!!!!!

  4. 4taso

    >★さん
    ライブのチケットを手に入れると、それまではなんとか頑張ろうという目標になります。
    フジロックのことを考えて、嫌なこともいろいろやり過ごした今年の夏でした。いつかはライジングサンにも行ってみたいですねぇ!

    ★さんに今週末、なにが起こるのですか!?
    (★さんにまだ夏が来ていなかったとは!)

Leave a Reply