トップページ > 黄昏コラム > 散る夏、チルアウトな僕の恋。

散る夏、チルアウトな僕の恋。

下っ腹を突く重低音。夜空から降ってくる大きな火の粉は、みるみる小さい火花になって頭上に到達する寸前にふっと消えて無くなってしまう。
花火大会が近付くと静かな街が賑わいだす。商店街にポスターが貼られ、皆が当日の空模様を気にしている。『ある程度、風ン無いとだめだね。』

8月。全国各地で開催される花火大会。東京で行われる花火大会に行ったことは一度、立川市の昭和記念公園の花火大会だけだ。公園は人だかりで移動もままならない。移動途中だった駐車場に留まってそこから花火を見物したのは大学生の頃だ。

我が故郷の夏のイベントは商店街の夏祭りと花火大会。至極真っ当な田舎の夏の典型。
幼い頃から毎年のように花火を眺めた。自宅の屋根に昇ると、川の方角に花火が見える。真っ黒い夜空に煙が残る。その煙が風に流れるとすぐ、新しい花火が打ちあがった。その夜、町中にヒュルルル・・・ドドドォ!と花火の音が轟いていた。

高校生になると、花火大会はデートの口実として利用される。真夏の夜に二人きりになれて、家族にも言い訳がしやすい。絶好のチャンスだ。
それまで家族と見ていたダイナミックな花火も、この頃から淡い恋のモチーフへと変わっていった。

しかし花火大会に意中の人と出掛けたことはなかった。川近くに住んでいて、毎年親戚とバーベキューをしながら花火を観戦するのだと言っていた。
(今年もそうなのだろうナ。)と、確かめてもいないのにいつも逃げ腰で、結局一度も誘うことは出来なかった。それ以来、なんとなく花火を見なくなった。

東京に上京してから帰省する度に花火大会に遭遇した。そして毎年、さも興味が無いようなふりをして、とりたての免許で友人とドライブをしていた。
大井川に掛かる陸橋を車で走ると、川上には花火の大輪が咲いている。視界に少しだけ入る花火にふと感傷的な気分になる。

外灯のない暗い河川敷は人々の喧騒でざわつき、浴衣の少女の下駄の音がカランカランと響いている。花火が打ちあがる毎に歓声があがり、皆がパタパタとウチワを翻す。
夜空に垂れるしだれ柳と、視界いっぱいに広がるスターマイン。

あの時、花火を一緒に見ることができたなら、どんなに幸せだっただろうか。
もう二度と訪れない高校生の夏に大切な思い出を作り逃してしまった気がして、花火の音は少し切ない。


本日の1曲
Who / 小谷美紗子

続けて読みたいエントリーたち

0 Responses to “散る夏、チルアウトな僕の恋。”


  1. No Comments

Leave a Reply